2022.7.1 成田~ブリュッセル

 7・8月はヨーロッパで修行することにした(弊社?の現地事務所がブリュッセルにあり、そこを拠点にうろつく予定)。アジア専門だったので緊張します。

 ベルギーは外務省の海外危険情報でもノーマーク、感染症レベル1だしまあいいかということで、PCR陰性証明もワクチン接種証明も不要、マスクもしなくていいらしい。ゆるいなあ。

 ブリュッセル直行便は毎日は出てないので、オーストリア航空ウイーン乗り継ぎにした。ヨーロッパ線はロシアとウクライナの上空を飛べないので、ロシアの南側を迂回するため14時間くらいかかった。しかし、韓国、中国、カザフスタンアゼルバイジャンジョージアルーマニアハンガリーとレアなコースを飛行、途中アラル海の上も飛んだのでほとんど寝ていられなかった。

  (B777、機内インターネットなし)

 (悲劇のアラル海、旧汀線が見える)

 (ジグザグ飛行)

 成田はガラガラ、ウイーンまでは3人掛けに一人くらいだったが、オーストリア航空のヨーロッパ人CAはマスクはずしてるし、ウイーン空港は結構混んでいて、もうマスク率は1、2割くらいか。

 (ウイーン空港)

 ウイーン~ブリュッセルは1時間半くらいで、機内食は「販売」、いらないといったら水とチョコレートをくれた。

 (ブリュッセル空港、ウイーンと較べると巨大)

 ホテルの予約サイトで無料送迎タクシーがついていたので頼んだらちゃんと空港ロビーに来た。空港でSIMカードを買いたいと言ったらドライバーさんが難色を示したので、まあ着いてからでいいかと思って乗り込む。BMWで高速を140kmで飛ばし、チップもあげずに宿の前で降ろしてくれた。

 そこから先がちょっと失敗、民泊みたいなアパートで、メールで送られた暗証番号で入るのだがメモするのを忘れてWiFiがないとメールが読めない。そこは少しもあわてず?、斜め前のカフェでWiFiを使わせてもらおうっと。カフェのお兄さんは英語はダメと言い困っていたら、お客さんたちが助けてくれた。カフェのWiFiでメールをチェック、こんどは暗証番号を何度入れてもドアが開かない。

 (ヨーロッパっぽいなあ)

 またまた広場にたむろしていたおじさんたちが、入口はここだ、暗証番号を入れたらすぐにあけるんだとかアドバイスをくれたが開かない。ネットで連絡するためにSIMカードを売っている向かいの雑貨屋を教えてもらい、パキスタン人の店主がSIMカードの入れ替えと登録をしてくれ、メールを何度も見かえしたら、アパートの玄関の暗証番号と部屋のドアの暗証番号の2つある(当たり前だ)。

 30分くらい苦闘の末、ドアが開き一同万歳!無事に部屋に入れた。みんな親切でブリュッセルの第一印象は良好。

 (目の前は教会)

 

2022.6.14 北海道(日高・十勝)総集編

・ルート

 東京~大洗港~(引き返し)~大洗~成田~新千歳~苫小牧~白老~苫小牧~様似~襟裳岬~帯広~鹿追~十勝清水~日勝峠~日高~平取~日高~苫小牧~新千歳~成田~東京(走行距離:大洗・成田往復300km、道内816km)

 

GPSトラック

 

・訪問地

 ウポポイ(民族共生象徴空間)

 アポイ岳ユネスコ世界ジオパーク:ビジターセンター、アポイ岳、吉田岳、親子岩、エンルム岬、冬島の穴岩、旧プレート境界断層、大正トンネルの花崗岩類、ルランベツ覆道の褶曲、日高耶馬溪、幌満峡のかんらん岩露頭、東邦オリビン工業(河原)、天然記念物幌満ゴヨウマツ自生地、幌満ダム

 アポイ岳高山植物(花):アポイアズマギク、アポイクワガタ、アポイタチツボスミレ、サマニユキワリ、キタヨツバシオガマ、エゾタカネニガナ、キンロバイ(キンバイ?)、チングルマミヤマオダマキ、なんとかフウロゴゼンタチバナ、イソツツジ

 襟裳岬「風の館」

 とかち鹿追ジオパーク:ビジターセンター、然別湖、千畳くずれ、然別風穴地帯、扇が原展望台、拓殖鉄道鹿追駅跡、道の駅鹿追、道の駅うりまく、かんの温泉

 動物目撃:エゾシマリスエゾシカ、キタキツネ、エゾハルゼミ?、ゼニガタアザラシ、(エゾナキウサギの糞)

 廃線日高本線広尾線北海道拓殖鉄道富内線(もっとあったかもしれない)

 

・小括

 やっぱり船はやめよう。

 

 

2022.6.11 日高山脈横断

 とかち鹿追からの帰路は、襟裳岬ではなく日高山脈を横断して苫小牧へ戻った。

 十勝清水駅に寄ってみたら、ちょうど列車が来る時間だった。現役の駅は久しぶり。

 (釧路行き1両編成)

 

 日高山脈を越える国道274号日勝峠は地形図の国道のカーブにほれぼれしていたが、登坂車線が延々と続く。霧で展望もなし。

 (日勝峠

 

 十勝清水の国道の標識は「日高55km」、あれえ、日高町って海岸だったよねえ、そんなに近いの?と思ったが、「日高55km」はまだすごい内陸だった。

 あとでその理由がわかった。日高町は2箇所に別れた飛び地自治体で、日高山脈の奥の旧日高町と日高海岸の旧門別町が合併したんだそうな。両者(庁舎)の距離は65kmもある!

 旧日高町には道の駅に「日高山脈博物館」があり(夕方ですでに閉館)、建物の前には各種の石が並んでいた。

 (日高山脈博物館)

 

 沙流川上流の旧日高町地区と海岸の旧門別町地区の間には平取(びらとり)町が鎮座する。振内(ふれない)鉄道記念館と二風谷(にぶだに)アイヌコタンと二風谷ダムも超特急で立ち寄った。

 (振内鉄道記念館の電子基準点)

 (二風谷コタン)

 (巨大な二風谷ダム、ダムカードもらえず)

 

 雨の中日高道で苫小牧に戻り、宿に着いたのは21時頃だった。

 

2022.6.11 とかち鹿追

 日高の様似町から襟裳岬と「黄金道路」経由で十勝の鹿追町へ移動した。

 襟裳岬には「風の館」というえりも町営の施設があり、やっているのかやっていないのかわからないようなところだったが、300円払って入ってみたら、望遠鏡で「アザラシ見放題の館」だった。

 (風の館、望遠鏡がたくさん)

 (館内モニターの写真、左下にゼニガタアザラシがゴロゴロいる)

 

 「黄金道路」は日高山脈が太平洋に没するため絶壁続きで道路建設がたいへんだったために名づけられたのだが、行ってみればトンネルの連続で、あっさり通過してしまった(前回通ったのは1990年代だった。道路工事はどこでも最大の地域産業だなあ)。

 (右下でコンブ取りしてる)

 

 東京は梅雨入りしたけれど、6月の北海道は快適だろうと思ったら大ハズレ。「とかち鹿追ジオパーク」は終始雨だった。

 ビジターセンターでは職員の方が丁寧に説明してくれ、1時間以上滞在した。

 (とかち鹿追ジオパークビジターセンター、建物は企業の研修施設を町が購入)

 (アポイ岳のかんらん岩の説明、こっちの方がわかりやすいぞ)

 

 然別(しかりべつ)湖周辺にナキウサギ(エゾナキウサギ)の生息地があるので見に行った。

 (雨の然別湖

 (ナキウサギ生息地)

 雨の中傘をさして1時間近く粘ったが、声も聴けず。見たのは糞だけ、あ~残念。

 (大雪山で見たことあるもん)

 (ナキウサギの糞)

 しかしナキウサギの出待ちしてる間、近くの自衛隊の演習場で砲撃訓練をしており、ドスンドスンとすごい音(ウクライナもこんなのが聞こえるのか)。ナキウサギはこんなところで生活しているのか。

 

 (十勝平野

 (戦車横断注意)

 

ソ連時代の小咄

 アメリカ人「僕はときどきマイカーでとなりの国へドライブするよ」

 ロシア人「僕はときどき戦車でとなりの国へドライブするよ」

 

 

 

 

 

2022.6.10 アポイ岳ジオパーク

 様似町のユネスコ世界ジオパークアポイ岳」にやってきました。東京は梅雨入りしたけれど、6月の北海道は快適だろうと思ったら正解。標高810mのアポイ岳無事登頂。標高は低いけれど、600m付近からハイマツ帯になり、高山植物も咲き乱れ(ヒダカソウはまだ咲いていなかったが)、さすが世界ジオパーク

  (600mで高山帯)

  (日本アルプスみたい)

  (山頂だけダケカンバ帯・・・たぶん山頂のダケカンバがノーマルで、途中のハイマツが異常なんでしょうね)

 しかし、ユネスコの常識は日本の常識なのか?アポイ岳のかんらん岩植生は、お手軽観光では楽しめないよなあ(翌日は筋肉痛)。

  (稜線上にもジオパークの看板)

 (アポイクワガタ)

 

 幌満峡のかんらん岩露頭は何カ所も看板があり、「斜長石レルゾライト」とか「ハルツバージャイト」とか、石おたくじゃないのでちがいがさっぱりわからなかったけど、標高50mでもアズマギクが咲いていた。

 (幌満峡)

 (アポイアズマギク)



2022.6.8 苫小牧~様似

 苫小牧でフェリー上陸、白老の国立アイヌ民族博物館と公園の「ウポポイ」に寄る予定だったので行ってみた。入口に「予約が必要」とかいてあり、しまった、ここまで来て入れないのかとあせったが、「当日券があります」とのことで入れた。平日だったがかなり人が多かった。

 (国立アイヌ民族博物館)

 展示や案内にアイヌ語(カタカナ表記)があって、ニュージーランドみたいだった。

 

 昼になったので苫小牧駅前に行ってみたが、駅前が廃墟状態だった。旧サンプラザビル(ダイエーもあった)の破産と訴訟で市側が敗訴したらしい。

  (カメラの調子が悪くサンプラザの写真が撮れていなかったが、苫小牧駅もすごい迫力)

 

 目的地の様似まで高速は使わず海岸沿いを進んだら、日高線の駅が泣ける。

 (勇払駅

 (浜厚真駅

 昨年3月に鵡川(むかわ)駅から先は廃線になっていた(また廃線めぐりか・・・)。

 (鵡川駅

 (旧三石駅、ホームは立入禁止)

 (旧浦河駅、駅名が消されている~)

 (終点の旧様似駅は観光案内所)

 

2022.6.7 太平洋航路は大荒れ

 北海道に自分の車で行こうと思って、大洗〜苫小牧のフェリーにした。夜行便で01:45出航予定の便だったが、天候悪化が予想されるとかで00:00出航に早まり、さらに22:00出航に早まった。低気圧接近中だがもう切符を買っちゃったので乗るしかない。

  (さんふらわあ だいせつ)

 商船三井さんふらわあだいせつ」11,401トン、隠岐のフェリーとは比べ物にならない巨艦である(船は苦手だけど1万トン級だしいいか)。深夜便はレストランの営業がないので大洗港のスーパーで3食分の買い出しをして乗船。

 寝台は1段で1室に4寝台だが乗客が少ないので1部屋独占、しめしめ。展望風呂もあり、出航直後に入浴した途端ものすごい揺れである。浴槽のお湯がザブーンザブーンとあふれだし、椅子や桶がカラカラ転がり出す。窓の外の陸の灯りが上下に行ったり来たりしている。こりゃダメだと風呂から上がって部屋へ戻り、寝たきりで動けない。

  (カジュアルルームの寝台)

 1時間半ほど揺すられ悶々としていたら、船内放送で、揺れ防止のための船のスタビライザー(フィン)が片方不具合でこれ以上航行が続けられないので大洗港へ引き返すと言っている。ええーっ、と思う反面、ものすごい揺れだったので少しホッとした。

 大洗港で一度車ごと下船し、全額払い戻ししてもらった。即座にLCCの成田~新千歳往復を予約して、船室で朝まで寝ていいとのことで朝まで仮眠。

  (このお湯がザバザバあふれた;翌朝撮影)

 大洗から成田空港までは70km位で、車は空港のそばのパーキングに預けて無事に新千歳に着いた。フェリー代払い戻しの時、支払い済みの苫小牧のホテル代は出ないのかといったら出ないといわれたが、飛行機とレンタカーで苫小牧まで来られた。やれやれ。

  (ウトナイ湖